<< ゴルフ7日間シングルプログラム | main | ゴルフが最短距離で上達する方法 −その2− >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ゴルフが最短距離で上達する方法 −その1−

ベストスコア127、身長157センチの非力な僕が
まさか328ヤード飛ばして、64で回れたなんて!
もしこの方法を使うならあなたがゴルフスコアを
30〜40縮めるのは簡単です。
もし、あなたが、効率的なゴルフの上達法をお探しであれば、
このホームページはお役に立てます。
なぜなら、あなたのゴルフスコアがグングン伸びる、
本当に簡単な、ある方法をお伝えするからです。

なぜ、なかなか上達しないスポーツと言われるゴルフで、
一気に上達していくのか?
5,6分、このホームページを読んでみて下さい。
その方法を初公開していきます!

申し遅れました、植松卓と申します。
身長157cmの非力な、どこにでもいる普通の人です。
普通の人と違う点は・・・
300ヤード飛ばし、ゴルフのハンディーキャップを持っている事でしょうか。

私はハンディキャップ4.7です。
ハンディキャップ4.7とはシングルプレイヤー、
つまり、最低70台で回れなければ取れない数字です。

私はこんな偉そうに、ハンディキャップをお見せしていますが、
正直に告白すると、ハンディキャップどころか、
スコア100を切るのも夢のまた夢でした。
練習しても練習しても、スムーズに上達する実感が無い。
ちょっと上手くいったと思ったら、次の日には戻っている。

「なんで右に曲がるんだよ!?」
「100を切るのにあと何年かかるのだろう・・・。」
ゴルフは楽しみの一つでもあったのですが、
悩みの種でもあったのです。

しかし、付き合いでゴルフに行く機会も多く、
上手く打てた時の快感を知ってしまった私は・・・
どうしても、ゴルフが上手くなりたかったのです。

ですから・・・高額な授業料を払ってレッスンも受けましたよ。
しかし、1度のスイングにおける注意点のあまりの多さと、
良く解らない感覚的な説明に負けそうになっていました。
それが何故60台で・・・?
そんなゴルフの難しさを思い知った時、私は「ある人」と出会いました。
その人はゴルフの本場、アメリカで活躍した日本人です。
強豪ひしめくアメリカで、最も筋力が弱く、最も背の低い日本人として、
勝ちまくった人物です。

その人の名前は「Mr.中井」。



jijikomama02 * - * 18:11 * - * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:11 * - * - * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ