<< ゴルフが最短距離で上達する方法 −その1− | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ゴルフが最短距離で上達する方法 −その2−

正確無比に300ヤード飛ぶショットと、
カップに吸い込まれるようなアプローチ。
体格の違うアメリカ人を相手にして、
全く寄せ付けないスコアを叩き出す人物です。

私はMr中井と出会った時に、チャンスとばかりに、
コツは?
練習方法は?
使っているクラブは?
何でも質問しました。
きっと・・・
幼い頃からゴルフクラブを握っていて、凄い練習量をこなしている。
私とは元々環境が違う。そんな答えが返ってくると思っていました。
 ・・・しかし・・・
Mr中井の答えは、私の予想とは全く違うものだったのです。
ゴルフを始めたのも21歳から。
クラブも古く安いモノをずっと使っている。
練習量も普通のサラリーマン並み。
私と変わらない状況を語られ、
しびれを切らした私は、彼の言葉をさえぎり尋ねました。

「それで、どうやったらそんなに上達するのですか?」
Mr中井は少しの沈黙の後、口を開きました。
「植松君、ゴルフは練習しても、練習しても、なかなか上達しないんだ。
だけどね・・・
ほんの少し直しただけで、2年間練習したよりも上達するんだよ。
だから私は5ヶ月でシングルプレイヤーになれたんだ。」

そう言ったMr中井は、私にいくつかの簡単な方法を教えてくれました。
「スイング軌道がどうとか言ってもできないでしょう?
だから、まずは構えた時、●●してごらん。
それだけで飛距離と正確さがグンと増すんだ。
それからアプローチの時はチョットこうするだけで・・・」
言われた通りそれを27球練習して、コースに出た途端・・・
あんなに練習しても、どんな打ち方を試しても、全く伸びなかったスコアが、
120前後から、あっという間に100を切ったのです。


jijikomama02 * - * 16:44 * - * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:44 * - * - * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ