<< 元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法 | main | 速攻!パワーインパクトゴルフ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法

私は大学時代、体育会系のゴルフ部に所属し毎日コースに出て、その後は練習場に通うゴルフ漬けの生活でした。知り合いの練習場では、プロに代わって近所の人に教えていた時もありました。

しかし大学を卒業し会社に入り、ゴルフに費やす時間が大幅に減りました。いわゆる週1ゴルファーです。
最初の3年くらいは70台80台で当たり前のようにラウンドしていましたが、5年8年10年と経つにつれ仕事の忙しさも手伝ってゴルフに行く回数が激減し、とうとうラウンドしても100を切ることが出来ないようになってしまったのです。
ゴルフ漬けの日々から、長い月日が経ち、体に染み込んでいたはずのスイングも忘れ、練習しても100を切るのがやっとでした。
しかし、100を切るのが精一杯のゴルフでは満足する事が出来ずに必死になって勉強し練習を繰り返しました。

私がゴルフ上達の為に取り組んだのは下記のことです。
■たくさん練習すれば上手くなると思い平日も仕事が終わってから練習場に通い、
  コースも週1回は欠かさず出た日々もありました。
       ↓↓↓↓↓
練習量が多いときは、コースでもある程度のショットも打てましたが、忙しくて練習が減ってしまうと、まともにボールに当たらなくなることもしばしばでした。
■筋力UPをはかれば、飛距離がのびていいスコアになるかとおもい、筋トレを毎日
  欠かさずやった日々もありました。
       ↓↓↓↓↓
筋力UPでは、多少飛距離は伸びましたが、スコアがよくなるわけではありませんでした。
■ゴルフの知識が少ないのが上手くならない原因かともおもい、ゴルフ雑誌やゴルフのレッスン書を購入し
  プロのような美しいスイングになるために毎日鏡の前で素振りをした日々もありました。
       ↓↓↓↓↓
長年スイングしているためかクセが抜けず、見た目は少しいいスイングにはなりましたが、スコアが伸びる訳ではありませんでした。
■クラブが自分に合っていないと上達しないと聞いたので、簡単なデカヘッドで高反発の
  ドライバーに変えたこともありました。
       ↓↓↓↓↓
大きなヘッドはスイートスポットも大きいため当たる確率は増えましたし、飛距離も伸びました。
ちょっと気持ちのいいゴルフができるようになりました。
飛距離が伸びてもスコアが伸びるとは限りませんでした。
■最後の手段だと決心しゴルフスクールにも通いました。
       ↓↓↓↓↓
さすがにプロに教えてもらうので、上手くなるだろうと楽しみにしていました。
しかし、思った以上に上達しないしスコアも代わり映えしません。
逆にスイングの注意点ばかりを指摘され、頭はパニックになり、注意点に気を取られ思い切りのいいスイングができなくなってしまいました。
はっきり言ってゴルフが下手になりました。かなりショックでした。レッスン料も高いですしね。

毎日、毎日、簡単で、誰にでもできて、しかも練習時間があまり取れなくても上達するようなゴルフ上達法はないものかと、スイングを ショットを そして、ゴルフを勉強し、追求し、自分自身で実践していきました。

▼ゴルフの上手い人と下手な人、どこが違うのか?
▼上手い人は、普段からゴルフばっかりやっているのか?
確かに上手い人はゴルフが好きで毎週コースに出たり練習にも精を出しています。
でも、そうでない人で上手い人はたくさんいます。

常に70台で回るにはゴルフ漬けにならないと無理でしょう。
しかし、90台で回る人達はそんなにゴルフ漬けにはなっていません。
では何故少ない練習量でコンスタントに100を切る事が出来るのか?

大学を卒業後、会社に入って11年目の春、札幌のとある練習場で、隣の打席の上手い人をボーっと眺めていました。
「俺も大学時代は、あんな感じで軽く振ってビシビシ打っていたんだよなー」なんて事を思いながら。
この年はあまり熱心にゴルフに取り組んでいなかったのがよかったのか客観的にその人のスイングを見ていたのです。

その時です!ひらめいたのです!
「あっ!もしかしたら、俺にはこれが足りなかったのかもしれない」
「そういえば大学時代は、これを集中的に練習していたよな・・・」
このひらめきが、私のゴルフの感覚を思い出させてくれたのです。
すぐに意識しながら練習を再開しました。
打ちながら隣の人のスイングを観察し、また自分で打ってみる。
10分も続けていたでしょうか、いきなりビシビシと球が飛ぶようになったのです。
気持ち良い球が軽く打てるようになったのです。

「そうだった!ここに注意してスイングするんだった!」
ここ数年悩んでいた事がウソのように、ビシビシ、バシバシ打てるのです。
それからは、この1点に集中し練習を重ねたのです。
ここで「1点に集中」して練習したのが良かったのか、どんどん大学時代のような球筋を打てるようになりました。と同時に上手く打てない人は、これさえ練習すればいいのにとも思い始めたのです。

100を切るゴルフ!たった2つの超簡単上達法
jijikomama02 * - * 08:19 * - * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:19 * - * - * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ